株式会社Mix・Pro

中川区の解体作業現場のニュース報道について

LINE問い合わせ 求人専用HP

中川区の解体作業現場のニュース報道について

中川区の解体作業現場のニュース報道について

2024/06/07

 こんにちは。ブログ担当M(女性事務員)です。6/3更新分から執筆しております。初心者ですが、よろしくお願いいたします。

 

 先日(1ヶ月半ほど前)、中川区での解体工事で、解体作業時に必要な仮囲いをしていなかったことで近隣住民に粉じんの被害が出て、名古屋市(建築安全推進課)の職員が査察、調査に入り、建築基準法違反として業者に指導が入ったというニュースがテレビなどで報道されたのをご存じでしょうか? 「中川区 解体 名古屋市 粉じん」で検索されるとCBCの動画や記事が出てきます。

 

 今回は名古屋市が調査に入りましたが、解体などを行うにあたっての法令順守については、詳しいことは国土交通省のHP(『建築物解体工事共通仕様書 令和4年度版』、最終改定 令和4年5月10日)で確認することができます。興味がある人は検索してみて下さい。

 

 このように、工事においては、作業員の安全管理はもちろん、近隣住民への騒音被害、粉じん被害等を防止するため、施工前の現地調査から始まり、様々な書類を作成し、予定通りに作業を進めるための計画などが念入りにされています。

 

 ただ、一部の解体業者は法令順守がされておらず、時々ニュースで報道されてしまいます。有名なのは、解体後の不法投棄で土砂崩れを起こした、熱海の事件がありましたね。これらは、価格競争や、元請けによる、下請けへの丸投げが原因、要因になっていると思われます。

 

 何か問題を起こして報道されてしまうと、企業のイメージダウンにより、その後の仕事に影響し、倒産に繋がるかもしれません。

 

 ㈱Mix・Pro では、法令順守について、代表から責任者、作業員にむけてきっちりと指導しており、周囲にご迷惑をかけないよう、周知と教育に努めております。解体の他、内装解体、リフォーム、外構など、自社で施工可能ですので、いつでもご相談下さい。

 

 今回の報道は、基本中の基本が守られていなかったたため、当社にとってはあり得ない、という驚きのニュースでした。今後も、周囲に迷惑がかからないように、スタッフ一同、精進してまいります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。